みんなのどうぶつ病院

診察について

来院するどうぶつの様子を把握している方が診察にお連れください。
言葉を話せないどうぶつ達の診察を行う上で普段お世話をしているご家族の方からの話が非常に重要な情報と手掛かりになります。日頃からよく健康状態を観察しておきましょう。

ポイント

元気 動き回り方、喜び方、いつもより元気があるか、ないか?
寝る時間が長くなっていないか?
どこか痛そうか?
食事 食べ方、飲み込み方、食事をあげた時の喜び方、いつものフードは食べないがおいしいおやつとかしか食べないなど
お水 飲み方(舌の動かし方、飲み込み方、たくさんこぼしていないか?)
お水の量(多いのか少ないのか)
おしっこ ちゃんと出ているか?(色・量・匂い・回数など)
尿に何か混じっていないか?(血液、結晶,結石など)
うんち 回数、形、匂い、色、何か混じっていないか?(血液、粘液、寄生虫など)
呼吸の仕方 いつもと比べて(早くないか、苦しそうじゃないか? 大きく深い呼吸、小さく速い呼吸、おなかを動かして息をしていないか?)
ねこちゃんが口を開いて呼吸をしていないか?
歩き方 びっこをひいていないか?
歩きたがらない、普段簡単に超えている段差を越えれない、動作が緩慢など
痛み どこか触ると痛がるか?
うずくまっていないか?
じーっとして動かないなど
吐く時 何を吐いたのか?(回数・内容・異常なものが混じっていないか?)
食事の前か・後か、食べてからどれぐらいで吐いているのか?
吐いた後の様子はどうなのか
発作 いつ、どんな時に、どれぐらい続いたのか、発作の後にどのような行動をとったのか?
耳を気にする、頭を振っていないか?
後ろ足で耳を掻いていないか?
かゆみ 体を痒がり引っ掻いていないか?
どの部位を特に気にするか
体型・体重 最近痩せてきた(太ってきた)
食欲が以上にあるのに痩せてきた
性格の変化 急に攻撃的になってきた、夜に鳴き続けることが多い、
発情 発情の後にお水の飲む量が増えていないか?(特に高齢の子)
不正な出血がある、いつもよりも出血量が多い、オリモノが出ていないか?
体の表面 ダニ・ノミがいないか?
触ってみてしこりがないか?
歯石がある、口臭がある、よだれが多い、手で口をよく気にしていないか?

おうちでの様子の観察はなかなか難しいかもしれません。
わたしたち病院スタッフは来院時の限られた時間と情報でしか状態をチェックすることができません。
またおおくのどうぶつは来院時には緊張のため症状を隠してしまいます。
一番状態をわかってあげられるのは飼っているご家族です。より良いどうぶつ達の診察のためにもどうかご協力ください。

どうぶつに異常が見られた時の状況、これまでの予防歴、現在与えている食事の内容(メーカー、商品名),他院での治療歴(検査結果)、経過など今までの情報をくわしくお知らせください。

みんなで協力して

どうぶつ達の診察・治療は当院の獣医師・スタッフのチームによって行います。
そしてご家族の方にもチームの一員になっていただきよりよい医療の提供を目指します。
そのためにも治療の内容・病気について関心とご理解をいただき、最善の治療を行っていきましょう。

←トップページに戻る
このページのトップへ