みんなのどうぶつ病院

初めての方→当院を受診される方

来院の際は飼い主様ご自身でどうぶつの安全を確保してください。


必ずリードを付けましょう。
小型犬はキャリーバックでの来院をお勧めします(ケージを覆うブランケットの用意をお申し付けください。)。待合室よりお外、または車のほうが落ち着くワンちゃんはその旨をお伝えください。

洗濯ネットやキャリーバックに入れて逃げ出さないよう、十分ご注意ください。
キャリーバッグの中で落ち着きがないようでしたら目隠し用ブランケットをお貸しいたします。
段ボール箱での来院は箱を破いたり、ふたの隙間からすり抜けることがありますのでお勧めいたしません。
臆病なねこちゃん、あまり人に慣れていないねこちゃんは洗濯ネットでの来院をお勧めします。
ウサギ・フェレット
キャリーボックスに入れてご来院ください。
触わるのに慣れていない、非常に臆病など性格を事前にスタッフに伝えていただくとスムーズな診察が行えます。
ハムスター
普段、生活をされているケージでご来院いただくと、生活環境、食欲、排便状況などが確認できます。水飲みだけを外した状態で来院ください。

どうぶつ病院には様々な性格のどうぶつが来ます。おうちではとてもいい子でもふとした事で興奮し、思わぬ行動に出ることもあります。安全管理はほかのどうぶつ達への心遣いでもあります。不慮の事故を防ぐためのご配慮をどうかお願いいたします。

←トップページに戻る
このページのトップへ